へずまりゅうのその後のヤバい。仕事が無い、永久BAN、入店拒否で人生ハードモード? - 流行とエンタメ

へずまりゅうのその後のヤバい。仕事が無い、永久BAN、入店拒否で人生ハードモード?

youtuber
スポンサードリンク

へずまりゅうのその後のヤバい。仕事が無い、永久BAN、入店拒否で人生ハードモード?

へずまりゅうさんといえば炎上系youtuberで知られていますが、その後がヤバいと言われています。炎上してお金を得ていた分社会からあたりが強く、様々な場面で私生活に影響が出ている模様。

今回はそんなへずまりゅうさんについて調べてみました。

へずまりゅう仕事が無い、永久BAN、入店拒否で人生ハードモード?

炎上系youtuberのへずまりゅうさんがインフルエンサーとしての活動を終了すると2022年に発表しました。

しかしこれらの発言はすぐに撤回しインフルエンサーとしての活動を継続する結果になりました。

「引退詐欺!」と話題にもなりましたがしょっちゅうネットを騒がせるさすが炎上系youtuberといったところでしょう。

 

しかしその一方で様々な弊害が生まれているようです。

 

元「迷惑系ユーチューバー」のへずまりゅうがツイッターを更新。TikTokのアカウントが凍結されたことを投稿した。

とのことで

「TikTokが永久凍結されました、動画投稿もライブ配信もできません。もうすぐ20万人だったのに…」と悔しさをつづった。

ということが20231/11に話題になりました。

 

へずまりゅうのその後について

「コンビニバイトだけじゃ税金が払えないので本当に困ってます」といい、生活に困窮している様子。「俺は一体どうすればいいんじゃ」と悲痛な思いを訴えたとのこと。

 

へずまりゅう就職先無い?面接では100社以上落ちた?

 

就職活動も行っていたへずまりゅう、凍結後15日に

「へずまりゅうの履歴書がこちら」とツイートするとともに自身の学歴や職歴、取得資格などがこと細かに書き込まれた履歴書をアップ。

続けて「因みに大学出ても資格がこれだけあっても山口県の正社員100社近く落選しました。皆へずまりゅうの名前や原田将大の名前に気付いて落とします。」と就職難に喘いでいることを明かし、「そこで提案があります。この履歴書を見て正社員として採用したい企業様はDMを下さい。東京から近場だと助かります。」

 

とのことでネットで就職先を募ることに。

 

 

また、へずまりゅうは履歴書もネットにアップしました。

「へずまりゅうの履歴書がこちら」とツイートし、手書きの履歴書をアップ。学歴・職歴や取得した免許・資格を公開し、日本製紙や日本製鉄で働いていたことを明かした。

その様子がこちら

 

「因みに大学出ても資格がこれだけあっても山口県の正社員100社近く落選しました。」

とのことなので相当苦労してると思われます。

 

へずまりゅうのその後がヤバい?

 

炎上youtuberとして活動していたへずまりゅう。その後永久BANなどもありましたが他にもいろいろと大変な目に遭っているとのこと。

 

初詣で全店にマークされ入店拒否されたことが先日話題になりました。

 

 

これまで悪目立ちして来たツケが回って来ているだけの事。

↓へずまりゅうの奥さん

へずまりゅう 「短所は知らない間に人に迷惑を掛けること」にツッコミが殺到

 

へずまりゅうは就職活動の中で

「大学卒業後にコンビニでアルバイトをしたことがあります。駅前のコンビニだった為、前の日から出勤して、毎朝、朝のピークの時間帯に仕事を任されていました。長所はすぐに人と仲良くなることができます。短所は知らない間に人に迷惑を掛けることです。レジ打ちが出来るので、すぐにでも仕事が出来ます」とつづった。

と記載していることが話題になりました。

 

さすがにこれには

 

「短所は知らない間に人に迷惑を掛けることです。」

 

↑ 履歴書でこの短所の記載は致命的です。

 

普通に考えて、事ある毎にSNSで発信して、承認欲求に溢れた方と知ってて採用する企業はないと思います。逆に言えば、原田さんのSNS活動は、“以前のような生活に戻りたい”という背景が見え隠れしているように感じますね。

 

 

採用を行ったり、経営の支援を行う仕事に就いています。 履歴書を拝見しましたが、書類選考で「ご縁がなかった」が決まる内容です。 理由は他コメントにある通りですが、私の理由は単純に読みたいと思わない書類だからです。

 

スポンサードリンク

読む人の立場を考える事が考えられない、相手を慮れない、知らない間に人に迷惑をかける、書かなくてもそれを証明しています。 採用担当者も限られた時間で良い人材を探しています。 あなたの応募に費やす時間が無駄と判断されたわけです。

 

不採用の通知は不本意かもしれませんが、それを受け入れて自分を改善する事が1番の近道です。 受け入れられないのであれば、社会からも受け入れられないでしょう。

 

 

 

履歴書を拝見しましたが、書類選考で直ぐにはねられます。 まず写真の取り方が良くない。 特に金髪は素行が大丈夫は心配されるし、清潔感が無い。 資格も乱雑に書くのではなく応募する企業に即した資格をアピールしたり、高難易度の資格を前に出す書き方にしないと駄目。

あとは志望動機は大事、相手の会社を調べた上で、御社で何々の仕事に付きたい、今までの経験がこう活かせる、このように貢献できるようにしたいなど相手が読みたい、雇用したいと思えるようにする工夫が大事。

特に今までの職歴を見ると長続きしない傾向が見られるから、そこをどう説明するか、改善が見られそうかのアピールは面接で必須になる。 印象が悪いし、正直言って職業訓練校で技能を身に着けて就職狙ったほうが内定を取れると思う。

 

 

 

これまで悪目立ちして来たツケが回って来ているだけの事。

 

 

企業側は選ぶ立場だからね。他の応募者と比較して採用したい人を採るでしょう。過去は過去として(それを払拭できるかは知らないが)、ちゃんとした企業で働きたければ地道に信頼を得ることから始めるといいと思う。それかノリのいいところが面白枠で採ってくれるかもしれんが。しかし、この人の場合、行動力だけは半端ないから人から使われるよりか自分で何かする方が向いてるんじゃないかな。

 

 

といったネットの反応が見られます。

 

 

 

へずまりゅう、100万要求で炎上?就職は?

 

 

実業家でYouTuberの「青汁王子」こと三崎優太さんが2023年1月16日、元迷惑系YouTuberのへずまりゅうさんを月100万円で雇いたいという会社が現れた事に対し、「合理的」とツイッターで評価した。

 

と話題になりました。

 

 

その理由について青汁王子こと三崎優太さんは

「企業はまず『知ってもらう』ことに年間で多額の広告費をかける。これを年間1200万円で実現し、これだけニュースになるなら広告費としては割安」と、へずまさんが入社すること自体が大きな宣伝になると指摘し、「一般的には理解されないだろうけど、悪名は無名に勝るんです」と持論を展開した。

とのこと。

 

これについてネットではさすがに

 

 

確かに記事の主張の通り、広告費としては割安かもしれませんね。売上を伸ばす際には、まず企業名、商品名を知ってもらうことから始めないといけませんから。

そもそも犯罪者は罪を償えば法的には一般人と同様に就業ができるものですからね。暴力団関係者であっても、暴力団を抜けてから五年経てば一般人と同等の扱いとされています。日のあたるところでは仕事を二度とできないとよく勘違いされがちですけど。

とはいえ、それってやらかした人たちの法的な主張であって、消費者側はそんな人が働いている企業の製品を買いたいとは思いませんけどね。消費者側にも得ぶ権利はありますから。

 

 

 

その人間にそれほどの価値(影響力)があるかどうかによると思うけどな。 最近ではGACKTが格付けで食べたアライグマの肉が放映後にすぐ売り切れた報道もあったが、あれはGACKTだったからでこの人が同じことをしたところで食いつくのは一部のそれこそ信者と呼ばれる人くらいで、あとは一時的な話題にはなれどすぐに鎮静化と思う。 結局、本人が提示するだけの条件で雇う価値はないと思う。職歴からすれば現場的には一緒にいて欲しくない人材であることは想像に難くないし。

 

 

 

 

広告費としては割安かも知れませんが、「安物買いの銭失い」って事もあり得る。 つまり、一瞬では宣伝効果があったとしても、その宣伝効果が十分継続的でなければ、結果としては、企業にマイナスとなる。 その後は、ただただ、重荷になってくる。 その時、彼を切れるのか?って、ところまで、よくよく試算すべきだろう。 まずは、正規雇用ではなく、年間契約のタレントみたいな事にすれば良いかも。 我々が思っている以上に、彼は、計算高い人に見えます。

 

などと意見が集まりました。

 

しかしその後意外な展開に。。

 

へずまりゅう、100万要求に対し5社集まる

 

 

さすがに炎上youtuberを雇いたいと思う企業はないだろうとみられていたものの5社が採用に名乗り出ました。

 

元「迷惑系ユーチューバー」のへずまりゅうが17日に公式ツイッターを更新。自身を雇うための“4つの条件”を提示した結果、雇いたいという会社が5社あったことを明かした。

とのことで

「へずまりゅうを月収100万円で雇いたい会社が5社集まりました」と報告。「今まで金稼ぎに興味がなくて遊んでたけど年収1000万って楽なゲームやな。原田将大だと年収200万しか稼げなかったけど、へずまりゅうならこれ年収1億稼げるぞ」とツイートした

と発信。

 

これに対してネットでは

 

 

令和3年の経済センサスによると、日本の法人企業の数は、178万社だとか。 10人以上の従業員を雇用している会社に限っても44万社ある。 思っているより、日本の企業の数は多い。 178万社もあれば、5社位は、気に留める会社もあるのだろう。

会社や仕事の内容はとりあえず置いておく。これを議論すればキリがない。 マトモな会社ではないという意見もあるだろうけど、それは、実際にその企業を調べないと解らない事。

しかし、自分の固定観念や拘りに囚われなければ、案外働く場所は多いのかも知れないと、痛感させられる話題ではあった。 自分も批判的な意見を書いたので、自分の視野の狭さに、少し反省している。 当たり前だが、この人と同じ事をやれという話では無い。 過去にこの人がやってきた、一部の行為は、決して社会的に容認出来る事では無い。

 

 

 

批判する訳でもなく、肯定的に思う訳でも全くなく。へずまさんはとてつもなく強運、宝くじを当てたようなものだと思う。へずまのようになりたくて同じことをしたとしても同じ立ち位置に立てる可能性は限りなく小さい。世の中真面目にコツコツとやっていれば報われる、と言う訳でもない反面こう言うこともある。

生き方としてはリスクしかなく成功する確率がかなり小さい、、それが当たっただけ。それはそれでいいんだろう。 ただ普通の人には年収1、2千万なら努力すればより王道で真っ当な道のが確率は高い。へずまさんは彼なりにこれを維持していくのはかなり苦労が多いと思う。決してイージーモードには見えない。

 

 

悪名の広告塔って単純に企業のイメージ下げるだけだと思うのですがどうなんでしょう。 何にせよ雇用条件見た感じだと、国外でよくある使い終わったらさようならのパターンになるのではないかと推察出来ます。

 

まともな会社じゃないから 皆さま安心して下さい。 へずまりゅうを雇って得られる知名度を当てにして会社の利益が上がるような会社は、 相応に立ち消えやすいという事です。 技術で飯食ってる会社、営業マンの優れた手腕で商社の動きが出来る財閥系、窯や工場を構えて堅い仕事をしている会社。 連想する会社は皆潰れにくい。地道に信頼を得て仕事するのが一番です。 時代のうねりが激しくなっているからこそ。

 

すごいですね、年収1,000万円は通過点にすぎないとおもうので夢をみさせてくだい。「サラリーマン転職でどこまで年収増やせるか」にチャレンジしてください。他社内規定をやぶらず懲戒解雇にならずに企業の広告塔に徹することができれば評判は上がり、さらに年収増の転職ができるでしょう。また、ほんとうに勤めるなら、わざわざ社員にしたいわけなので囲いたい意図や契約はまもってくださいね。

 

となど。

 

 

へずまりゅう プロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

へずまりゅう(@hezumaruy)がシェアした投稿

本名 原田将大(はらだ しょうた)
性別 男性
生年月日 1991年5月9日
出身地 山口県
身長 181cm
特技 レスリング
母校 山口県鴻城高校→徳山大学

 

日本で活動している元YouTuber、(自称)格闘家。いわゆる「迷惑系」と呼ばれる過激な活動で知られている。

「山口県から来ましたへずまりゅうです!コラボレーションお願いします!」
「メントスコーラお願いします!」

などというセリフが有名。

学生時代はレスリングに打ち込んでおり、インターハイや国体に出場した経験の持ち主。
身長181cm、体重130Kgの巨体。1分1Rルールの「BreakingDown」においては30秒程で持久力が切れてしまうほど。

就職しても喧嘩して仕事が続かないへずまりゅう

また、へずまはコンビニでアルバイトなど普通の仕事も行ってきましたがその中でこんなこともありました。

 

普通の仕事がキツイとなるとへずまりゅうが今後どういう活動をしていくのか注目です。

まとめ

今回はへずまりゅうのその後のヤバい。仕事が無い、永久BAN、入店拒否で人生ハードモード?について調べてみました。へずまりゅうさんに関しては全国に名が知られていて普通に社会復帰は厳しくなっているようです。

 

今炎上系youtuberとして活動されている方やこれから活動しようとされる方がいたら一度考え直したほうがいいかもしれません、、

では今回は以上になります。お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました