那須川天心 なぜボクシング?転向理由は? - 流行とエンタメ

那須川天心 なぜボクシング?転向理由は?

格闘技
スポンサードリンク

那須川天心 なぜボクシング?転向理由は?

 

今回は那須川天心さんについて
ボクシングの転向理由などについて調べてみました。
那須川天心さんといえば武尊さんとTHE MACTH 2022で試合したことは大きく話題になりました。
あの伝説の試合はここ十年の格闘技の集大成とも言われた試合でした。
そんな那須川天心さんがなぜキックボクシングからボクシングに転向するのか、
その理由を調べてみました。

 

 

那須川天心 なぜボクシング?転向理由は?

また、こんなことも言われています。

“天心や武居くんがキックを始めたころは、キックの練習でボクシング練習をするのがもう当たり前でした。だから彼らは小さいころからボクシングの練習を繰り返して、ボクシングに完全になじんでいる。”

井上尚弥の存在が大きい?

“やっぱり井上選手の存在は大きいですよ。ラスベガスでメインを張って、軽量級の日本人選手でありながらアメリカのボクシング界でリスペクトされている。もちろんファイトマネーも高額です。ああいう選手は今までいなかった。”

 

那須川天心 数多くスカウトされていた

 

WBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃は2011年1月15日の自身のブログにて当時まだ小学生だった那須川を「未来のチャンピオン」と紹介し、ボクシング転向と帝拳ジム入門の勧誘をしている
WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司は「那須川君には注目している。パンチの技術もパワーもすごい。ボクシングをやったとしても世界チャンピオンに絶対なれる。それぐらいのパンチがある」と評価している

4人のプロボクシング世界王者を育てた元帝拳ジムの名匠トレーナー・葛西裕一は

「天心の素質は西岡よりも上。ボクシング界でもそうはいない。ボクシングでも短い戦績ですぐ世界王座を取る才能がある」

「天心は3~4回だけ練習していた技を普通に試合で出して倒してしまう非凡さがある。教えると何でもすぐ出来てしまうので教えていて楽しい」「技術は既にほとんど理解しているので細かい指導はしていない。相手の攻撃をもらわない目、距離感、ジャブの使い方が天才的なのでジャブを打たせられる」

「WBC世界ライトフライ級王者木村悠が世界戦を控えていた時、当時まだ高校生だった天心とスパーリングさせた。天心は体格的に本来スーパーフライ級とはいえ、ライトフライ級の木村とは体格差があるので『パワーではなくテクニックで勝負しろ』と指示してやらせた。

世界戦を控えた木村の疲労なども考慮しなければいけないが、高校生の天心が世界王者とテクニックで互角以上に渡り合っていたのをこの目で見ただけに、天心への期待は大きい」と評価。

 

スポンサードリンク

ネットの反応

キックで頂点まで登り詰めて、ボクシングでも世界チャンピオンになったら凄いですね。日本格闘技界の常識を打ち破る快挙になるのは間違いないですね。期待してます。

 

あれだけキックを長年やって来て、身体の使い方にクセが残る筈なのに、キチンとボクシングのスタイルに変えられてるのが凄い!後は距離感と身体の入れ方(足の使い方)も今迄よりボクシングになってる。努力してるのが本当に分かる。頑張って下さい。応援しています。

 

体重の乗り方とか、足の位置とかかなりボクシング仕様に変化していますね。
空手やキックをやっているから、軸がブレないし下半身も強いですよね。
キック好きだから寂しいなと思っていたけど、どんどん楽しみになってきました。

 

早く超一流のボクサーになってボクシング界を盛り上げてくれ!

 

ボクシングを習っているのですが、経験あるから余計に天心くんのすごさがわかりすぎます!
スピード、パンチ力、反応の速さ、何を取ってもレベチです…
ボクシングやったことない人、ちょっと1回やってみて欲しい(笑)

那須川天心 プロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@heinicoemoiがシェアした投稿

生年月日 1998年8月18日(23歳)
出身地 千葉県松戸市
通称 神童
国籍 日本
身長 165 cm
体重 58.5 kg
階級 バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(総合格闘技)

スタイル 極真空手、キックボクシング、ボクシング

2021年12月24日、都内で記者会見が行われ、2022年6月にK-1史上初の三階級王者で現スーパー・フェザー級王者の武尊と対戦することが発表された。

2022年6月19日、東京ドームで開催されたTHE MATCH 2022のメインイベントで武尊と対戦。1回終了間際にカウンターの左フックでダウンを奪い、5-0(29-28、30-28×3、30-27)の判定勝ちを収め、キックボクシングラストマッチを白星で飾っ。

最後に

那須川天心選手がボクシング転向するのはキックボクシング界からは大きな損失と言われています。ただそれだけの人物がボクシングに入ったら間違いなくボクシング界も盛り上がること間違いなしです。

今後の活躍に注目です!

 

 

スポンサードリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました