芦田愛菜の医学部進学内定はデマ?芸能界引退の可能性も。 - 流行とエンタメ

芦田愛菜の医学部進学内定はデマ?芸能界引退の可能性も。

芸能人・流行
スポンサードリンク

芦田愛菜の医学部進学内定はデマ?芸能界引退の可能性も。

今回は子役タレントとしてこれまで活躍してきた芦田愛菜さんが医学部内定、ということが話題になっていたので調べてみました。
タレント活動として忙しかった傍ら、勉強も相当できるようなので今後の芦田愛菜さんについて調べてみました。

芦田愛菜 医学部進学内定とは?

芦田愛菜さんが来春、医学部への進学内定か!?というニュースです。3歳の頃から子役事務所に入り、子役としても素晴らしい活躍をしながら、中学受験で私立難関校へ合格しました。将来は病理医になりたい、という夢を話したこともあります。彼女の通う高校から系列大学の医学部へエスカレーターで進学できるのは成績が優秀な上位5名と言われるほどです。その医学部への内定が圏内という、彼女の優秀さに世間が注目しているニュースです。そして後には、彼女を育てたご両親の教育方法などの記事も出ました。

 

女優の芦田愛菜さんが、現在在籍している慶應義塾女子高等学校から慶應義塾大学医学部へ内部進学するのではないか、すると今後は芸能活動の休止や引退話も持ち上がるのではないかと話題になっています。

 

ネットの反応

子育て真っ最中の今、子供の話題はとても気になります。芦田愛菜さんは、勉強と仕事の両立を小さい頃から行い、夢に向かって進むとても意思の強い女の子だと尊敬します。我が子も自分の好きなことややりたいことに向かって努力出来る子供になって欲しいなと感じました。

自分に『なりたいもの』がハッキリとあって、そこへ向かって頑張れるってのは素晴らしいことだと思います。
思い返すと、自分が高2、高3の時なんて、何になりたいかなんてまったく決まってなかった。
慶應医学部への内部進学は、下手をすると一般入試で合格を勝ち取るよりも厳しい競争になるとは思いますが、夢を叶えるため、頑張って掴み取って欲しいと思います。

芦田さんの場合、ネタやハクをつけるために学歴そのものが欲しいのではなく、「やりたいことがあるから学びたい」という姿勢がとても素晴らしく、感銘を受けました。
努力し続けること、結果を出し続けることはとても難しいだろうに、芸能活動と並行してそれを成しえているのは本当にすごいと思います。
これからもご自分が納得できるまで色々なことに頑張ってほしいし、応援したい。

 

以前、塾高から医学部に内部進学した男の子を塾で指導したことがありますが、人間的に素晴らしい子でした。

運動部の部長をしながら、勉強も自分に厳しく陰で努力していました。性格も温厚で周りに気遣いができ、大人から見ても周りから好かれるタイプなのはわかりました。
弱点がなく、何でも卒なくこなすスマートな高校生という感じでした。

スポンサードリンク

内部進学が難しいと言われている理由は、単に学業だけが優秀であればいいという訳ではないからです。
学内選考を通るということは、他の人より推薦されるだけのファクターを持ち合わせている必要がありますし、他力本願的な意味での難しさがあると思います。

 

また、こんな意見も

ネット情報はガセネタが氾濫してる。
この時期(5月)での医学部内部進学はあり得ない。本当の評価は秋にかけての定期考査で決まる。

慶應医は一般受験だと東大理3本命の受験者が大量に含まれた平均偏差値75〜80の層の戦いでもっと大変だと思いますけど、内部進学もかなり大変そう。
慶應医は一浪するごとに面接点−10点らしいので、こうやって受験回数多く取れる選択は賢いですね。
ただ、内部進学や現役で慶應医に比較的余裕を持って合格出来るような人は学力的にも金銭的にも可能だと思うので、医者ですら高所得でなくなっていく日本の鳥籠などに入らず、欧米のトップメディカルスクールに行けるうちに挑戦した方が長い目で見ると良い気はしますね。

良い教育を受けられていると思うし、学業以外の部分で身につけた能力も学業に活かされていると思います。
いろいろなことを、ひとつひとつ大切に、真摯にこなした結果が、今の芦田さんにつながっていると思います。
将来どのような道を選ばれても、たくましく進んで行かれますように。応援しています!

ふと思うのが子役として幼いころから演技するということは
言葉を頭にため込んでいく時期に言語を覚え、理解し表現することになるので学校で言葉を知るよりはるかに多くの言葉を知ることになる。
テストで測れる学力って知識を得る→表現する(読む・書くなど)なので表現するのに苦労しない子は知識を得るだけで表現する練習をしなくてもいい。
これがどれだけアドバンテージになることか。

当然地頭の良さは親の影響や環境次第だけどその環境のほうがものすごく高いレベルにあるという感じかな。
当然私立に行くほどの家庭でもあるので親の影響も環境も最高レベルと言えるのだろうけど

 

女優業の傍ら自分の目指す目標に向かって信念を持ち
時間を無駄にしない生き方が凄く良いと思う。

努力した分だけ達成感を持つ事が出来るし
自分のステージは自分で決める強さ。

生き方が素敵だし頑張って目標を達成して欲しいと思う。

 

芦田愛菜の悩みは?


【芦田愛菜(17) 悩みとは】

芦田愛菜 プロフィール

本名 芦田 愛菜
生年月日 2004年6月23日(17歳)
出生地 兵庫県西宮市
血液型 A型
職業 女優、タレント、歌手、声優、ナレーター
ジャンル テレビドラマ、映画
活動期間 2009年 –
事務所 ジョビィキッズプロダクション

2010年、6歳のときにテレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)でネグレクトを受ける少女役を演じる。
翌2011年、『マルモのおきて』(フジテレビ系)でゴールデンタイム連ドラ史上、最年少の7歳で主演に抜擢。
共演した鈴木福とともに『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビューも果たし、国民的天才子役として話題に。

最後に


芸能活動もできて勉強もできる芦田愛菜さん。今後の進路や活躍がますます注目されるでしょうが芸能界引退の可能性もありそうです。
本人は医者と芸能活動を両立したいようです。
今後どのような進路に進むにせよ、自分の意志で進路先を決めているようなので応援したい、という人が多いようです。
今後の芦田愛菜さんに注目です。

スポンサードリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました