「大谷翔平は騙されている」契約金が低すぎると話題に - 流行とエンタメ

「大谷翔平は騙されている」契約金が低すぎると話題に

スポーツ
スポンサードリンク

「大谷翔平は騙されている」契約金が低すぎると話題に

今回は大谷翔平選手が話題になっていたので調べてみました。調べてみると契約金が少ない、もっともらってもいいだろ、などと一部では「騙されている」という声もあがっています。このことについて調べてみました。

「大谷翔平は騙されている」契約金が低すぎると話題に

テレビ朝日系の情報番組「モーニングショー」が3日放送され、43億5000万円の1年契約を結んだ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を特集。コメンテーターの石原良純(60)は「騙されてるんじゃない?」と金額の安さを指摘した。

 

大谷翔平はこれまでも破格の低年俸

 

2018年のエンゼルス移籍当時、大リーグ最低年俸55万ドル(当時レートで約7000万円)だった大谷は、肘のトミージョン手術で離脱期間があったものの、昨シーズンは4億3400万円、今シーズンは7億9750万円と、二刀流で本塁打王や最多勝を争う活躍には見合わない破格の低年俸でプレーしてきた。

単年43億で成立

それが2日(現地時間1日)になって、単年43億5000万円のビッグディールが成立。日給に直すと1200万円で、これは日本人大リーガーとしてダルビッシュ有の36億2500万円を抜いて歴代最高となり、日本国内のプロ野球でトップの総年俸を誇るソフトバンク42億円を大谷1人で超えることになる。

「年俸低すぎ」

目のくらむような年俸だが、この日、番組コメンテーターを務めた石原は「このニュースを聞いたとき、少なくない?って思った人が多いと思う。(直前までは)もっと大きな数字が踊ってたんですよ。複数年で何百億って話もあったから、何か騙されてるんじゃない?」と冗談めかしながら指摘。これに司会の羽鳥慎一アナも「43億円でいいんだって思っちゃいました」と同調した。

周囲に比べると低い・・・

メッツのシャーザーや大谷の同僚・トラウトなど年俸50億円超えもおり、今季の大リーグ年俸ランキングに来季の大谷の年俸を当てはめると14位という結果に…。

いくらが妥当・・?

米国のメディアの間では今季の大谷の活躍を年俸換算すると88億円になるとの見方もあるだけに、あながち言い過ぎではないかもしれない。

ネットの反応

確かに成績や活躍を見れば少ないかもしれませんが、それは周りが思う事で、一般的に見れば税金払って残ったお金でさえ一生生活出来る所得でもあるし、その他にもスポンサー料から色々な副収入もあります。一番は本人がお金に執着していない所ではないでしょうか。本人が良ければそれでよし。

 

 

トップ2人分の活躍と思えば安いのは確かなんですが、個人的には妥当だと思います。

エンゼルスは球団の売却を控えており
大谷選手の去就は重要な部分で、年俸調停権を持った選手で翌年でFA、もし年俸調停になると球団売却にも影響が出ると思います。

金額的には、
大谷選手は2年連続で凄まじい成績、大きな怪我もなく積極的に試合に参加しチームを牽引し続けた事で球団的にも最大限に信頼のおける選手となり、
球団としては史上最高額で大谷選手に誠意を表し、かつトラウトの顔を立てる金額なのかなと。
また、FA後の年俸の幅を考えるとここで異常な数字になるとそれはそれで双方に無理が出ます。

スポンサードリンク

大谷選手サイドも正直早めに決まってプレイに集中できた方が良いと考える気がします(個人の感想です)
降って湧いた契約ではなく、着々と準備されていたとは思いますが、
今回はお互いにwin=winかと思います。

 

 

 

メジャーでは基本的に最初の6年は球団に保有権がある。
年俸に関しては最初の3年はほぼ最低年俸。
4年目から6年目は年俸調停権はあるものの、他の球団との交渉が出来ない為安く抑えられる。
大谷は来季が6年目であり、まだ球団に保有権がある事から安く抑えられたんだと思う。
とはいえ、大谷の活躍は異次元であり球団もそれを認めている事から、ベッツの2700万ドルを超えた3000万ドルに落ち着いたんだと思う。
最低限の史上最高年俸という感じだろう。
トラウトのようにFA前に長期の大型契約をしなかった事から、FAにしろトレードにしろ、来期以降はエンゼルスを出る可能性が高いと思う。
色々憶測はあるが、大谷は来年1年はトレードしないでエンゼルスで過ごした後にFA権を行使したいという希望を言ったんだと思う。
だからこそ安い金額で妥協したようにも感じる。

 

 

 

確かに少ない気がするけど、とりあえず来年の保有権はエンゼルスにある訳で。FAは来年のオフになるからね。 今後の事は新オーナーに任せる感じだろうね。
大谷としてもWBCもあるし、来年はもっとすごい成績を狙っていくだろうし、オフになる前に契約はサッと終わらせたかったのでしょう。
おそらくFA後の年俸は5000万ドル/年辺りの攻防になるでしょう。その中で二刀流、中5-6日、DH確約をしてくれる球団を選ぶ事になるでしょうね。
有力なのはドジャースかメッツか。。。もちろんエンゼルス残留はかなり高い確率であると思います。

 

 

 

逆にこの最低価格とも言うべき査定額に来年以降エンゼルスに残る理由や義理も無くなりましたね。
本人もその気があれば年棒調停を申し出たでしょうが、まあ結局時期オーナーも決まってない中でそれも無意味ですし、現オーナーからしてももうどうでもいい話となります。
大谷選手を唯一エンゼルスが保有し続けれる可能性があったとすると、この日までに新しいオーナーが決まり、新体制も出来、来年以降このチームに期待を抱かせれる状態で新オーナーが熱意を持って大谷を口説き破格のオッファーを出し最大限の評価と誠意、敬意を持って迎えてたらその可能性も少しはあったかも知れませんが、残念ながらそうならなかった事からエンゼルスに残る可能性は実質ゼロだと思います。
一方で、エンゼルスがこんな低い数字を今年大谷に対し出した事で来年以降FAで大谷を獲得しようとする球団は断然増え、多球団参入の凄まじい獲得争いが展開する事になるはずです。

 

大谷選手も球団の来季以降を見守りたい、球団側も複数年契約で新オーナー・買い手企業に縛りを押し付けたくないと、両者の思いが一致した上での単年契約だと思います。
また金額は、大谷選手の活躍に恥じないベッツ以上。チームの柱で顔であるトラウト以下で無難だと思います。又、この金額ならばFA後の移籍も在籍しての複数年も結び易い。
単年で60億70億だと、複数年契約は天文学的な額になってしまいます。それでは、移籍も在籍も難しくなってしまいます。
強豪に移籍するのか、在籍してエンゼルスでプレーオフを目指すのか。オフも目を離せません。

 

大谷翔平は今がピークか

今のペースで二刀流ができるのもあと2.3年との声も。

年齢的にも今のペースで二刀流ができるのもあと2.3年かと思う
その後は登板間隔が空いたり休養が増えたりするのも当然だと思う
そういう意味で言えば体力的にピークな今こそ単年契約なのであれば尚更もっと多くて良かったと思う。

大谷翔平 プロフィール

 

 


 

まとめ

今回は「大谷翔平は騙されている」契約金が低すぎると話題に
について書いてみました。

二刀流として今後のますますの活躍に注目です。
 

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました